本文へ移動

相馬・双葉の昭和

『写真アルバム 相馬・双葉の昭和』ごあいさつ


ごあいさつ

東日本大震災で被災された皆様に、心よりお見舞い申し上げます。

本写真集は、当初平成23年6月の刊行予定で編集作業を進めており、
震災当日も担当者が双葉町で取材していました。
写真集の完成も目前でしたが、震災により、
地域の皆様が無事に帰還されるまで、発刊を延期することといたしました。

しかし、震災から3年近い月日が流れましたが、
復興はいまだ先が見えない状況が続いております。いま本にしなければ
写真の掲載許可も無効となり、収集した貴重な写真を未来に遺すことが
出来なくなるとの思いに、本書刊行を決意した次第です。

100人を超えるご協力者のご厚意と熱演に報いるためにも、
本書を刊行して、将来皆様のお役にたてる時まで一定部数を保存しておきたいと存じます。
まだ昔を懐かしむような状況ではございませんが、
将来のために本書刊行にご海容賜りますようお願い申し上げます。

株式会社いき出版 代表取締役 佐々木高史
 
 


 

『写真アルバム 相馬・双葉の昭和』詳細

相馬・双葉の昭和
 
2014年2月26日 発刊!!
 
写真アルバム
相馬・双葉の昭和

〜市民の目線で見た昭和〜

 

厳選されたオリジナル写真!

個人所蔵のオリジナル写真から
選りすぐりの600枚を厳選!


信頼のおける執筆陣!

地元専門家による詳細な解説で
当時の懐かしい思い出が甦る!
 
 

 
 
■監修  岩崎真幸(みちのく民芸文化研究所代表)
 
■執筆  安部幹洋(福島県民俗学会会員)
     今村昭司(元南相馬市博物館長)
     植田辰年(原町市史編さん専門研究委員)
     宇佐見雅夫(元楢葉町歴史資料館副館長)
     遠藤祝穂(福島県民俗学会会員)
     菅野俊之(福島学院大学非常勤講師)
     鈴木 清(相馬市文化財保護審議会委員)
     山田英明(福島県史学会会員)
     渡部恵一(八王子市市史編さん室主任・学芸員)

■対象地区 相馬市、南相馬市、相馬郡飯館村、
      双葉郡浪江町、大熊町、富岡町、広野町

■体裁 A4判大型上製本

■頁数 280頁

■収録写真 約600枚

■発行部数 限定800部 初版のみ発行 (増版なし)
 
■ISBN 978-4-904614-45-7
 
■刊行記念特価  本体9,514円+税
        


福島県の本一覧へ戻る


 
株式会社 いき出版
〒940-2116
新潟県長岡市南七日町81-5
電話 0258-89-6555
FAX 0258-89-6556
―――――――――――
出版業
―――――――――――
お問い合わせはこちら
3
0
7
5
2
8
2019年3月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
平日9:00~18:00(営業)
  • 通常のお休み
  • 祝日、イベントのお休み
  • 本の発売日!
TOPへ戻る